•  

    一人で読んで一緒に読む

    Read alone and read along.

  • 概要

    Style of a reading circle

     

    Introduction

    個人で現代思想関連の書籍を読んでいるの方が、自分の興味のある分野について理解を深められる場となるように。

     

    自分の意見を発し、人の意見を聞くことで、現代思想にふれてみましょう。

    Member

    読書会は次の人たちによって成立しています

     

    ・テキストとなる本を選ぶ人

    ・テキストからレジュメを作成し発表する人

    ・一般参加者

    Text

    ひとつのテキストを読了するごとに、別のテキストを選定します。

     

    テキストの選定については応相談。

     

    テキストの選定に関わった人は基、本的にすくなくとも1回はレジュメ作成と発表を行ってください。

    Attend

    テキストは事前に読了していることが望ましいですが、未読でもかまいません。

     

    読書会では、思うところは気軽に口にしてもらえるとBETTERです。

     

    しかし見学・傍聴のみの参加もOKです。

    Discussion

    意見に優劣はありません。素朴な質問から個人的な解釈まで何でもOKです。

     

    理解を深めたり(テキスト内容について)や、理解を広げたり(日常生活、地域社会、他ジャンル)、たんなる個人的意見でも可です。

    Other

    当読書会は、文学フリマ福岡事務局の活動の一環として2016年11月より活動を開始しました。

  • 進行について

    Process of a reading circle

     

    1

    読書会についての説明

    はじめに読書会について簡単に説明させていただきます。

    2

    主要テーマの概説

    課題本や課題本で扱われている主要テーマについて概説させていただきます。

     

    また連続で同じ課題本を扱う場合は、前回までの内容についても簡単に概説します。

    3

    自己紹介

    自己紹介は本名・ハンドルネール、どちらでもOKです。

    4

    レジュメ発表と意見交換

    レジュメ作成者の発表にそって、テキストを皆で確認していきます。

     

    発表の区切りの良い所で、参加者はテキストに対する見解を述べたり、発表に対する質問をおこないます。

     

    前半と後半に分け、間休憩をとっています。

    5

    懇親会

    読書会の終了後は、希望者で懇親会を開いています。

  • テーマになった本

    Books handled in the past

    ドゥルーズと創造の哲学

    ドゥルーズと創造の哲学

    #1~7

    本格的なドゥルーズ哲学の研究書だったこともあって、試験的に、一回の読書会で一章を消化した結果、6章分と結論を合わせて、計7回にわたって本書を取り扱いました。

    フッサールの現象学

    フッサールの現象学

    #8~

    現在の読書会のテキスト。全4回予定。

  • ジャンル

     

    哲学、精神分析、心理学、現象学、社会学、et cetera...

  • 文学フリマ福岡事務局

    現代思想読書会は、文学フリマ福岡事務局が主催しています。

     

    BLOG

    Twitter

    2017年10月8日

    第3回文学フリマ福岡

    天神にて開催!!

  • 雲影漫誌

    現代思想読書会を運営してみて感じたことなど

    All Posts
    ×